バカリョアーダ

イースター料理のど定番
復活祭前の金曜日は、キリスト教徒の間では受難日で肉を食べてはいけないので、Bacalhau(バカリャウ)料理料理を食べます。
 
材料 4人分
 
バカリャウ 500g
玉ねぎ 1個
じゃがいも 3個
トマト  1個
ゆで卵 3個
黒オリーブの実(瓶詰めで可) 10個
にんにく 1〜2かけ
椰子の芽(瓶詰め) 5本(無くても可)
オリーブオイル 120cc
ライム(レモンでも可)4分の1
塩   小さじ2杯
胡椒   少々
オレガノ 少々
 
(下ごしらえ)
①バカリャウを別紙の要領で塩抜きする
②トマト、じゃがいも、ゆで卵は輪切りの1口大に切る
椰子の芽は5センチほどに切る
にんにくは包丁の腹で潰し縦2つに切る
玉ねぎは薄切りに
バカリャウは一口大に切る
③耐熱皿に バカリャウ,じゃがいも、トマト、ゆで卵
椰子の芽、黒オリーブの実を並べる
④フライパンにオリーブオイル少量と2のニンニクを入れ弱火にかけます。オリーブオイルが沸騰したら中火にし2の玉ねぎを入れ 塩、胡椒、オレガノ。
⑤玉ねぎがしんなりしてきたら火を止め残りのオリーブオイルを入れ3の耐熱皿に均等にかける
⑥ 180℃に余熱したオーブンで25〜30分焼く
⑦ 焼き終わったらライムを絞る

Comment

  1. No comments yet.

CAPTCHA